2017年10月

    1 : りこぴん ★ 2017/10/31(火) 19:43:21.31 ID:ID:CAP_USER9.net
     ケガ予防は神頼み? 大相撲秋場所で休場者が続いたことを受け、横綱鶴竜が31日に福岡市であった力士会で、力士が「おはらい」を受けることを提案した。

     秋場所は3横綱、2大関らがケガで欠ける異常事態に。そのため、本場所前に土俵の安全を祈願して行う「土俵祭」とは別に、年始に関取衆がそろって神社を参拝しようという案だ。

     鶴竜は「(おはらいしても)ケガするときはするだろうけど、気持ちの問題もありますから」。今年4場所で休場しているだけに、真剣そのものだった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000080-asahi-spo
    【「おはらい受けよう」力士ら提案 横綱・大関ケガ続出で 】の続きを読む

    1 : あちゃこ ★ 2017/10/31(火) 15:24:06.00 ID:ID:CAP_USER9.net
    30日に巨人から戦力外を通告された実松が31日、川崎市のジャイアンツ球場で現役続行を基本線に
    考えていることを明らかにした。「選手は商品だから、使えなくなったら切られるのは当然。
    現役を続けたいが、トライアウト後まで待ってみて」と話した。

     プロ通算19年間で510試合に出場した。「家族がいるので無職になるわけにはいかない」と、
    独立リーグなども視野に入れているという。(共同)

    https://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/10/31/kiji/20171031s00001173157000c.html
    【実松、現役続行を希望「家族がいるので無職になるわけにはいかない」 】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/31(火) 18:11:47.77 ID:ID:CAP_USER9.net
    広島カープのペナント独走の一方で取り沙汰されるようになった広島ファンのマナー問題。
    クライマックスシリーズ(CS)の舞台となったホームのマツダスタジアムでもそれは起きていた。

    広島が優勝してCS本拠地開催を決めてから数日後、あるチケット転売サイトにCSの内野自由席券が出品された。そこにはこのような説明があった。

    〈「早めに並んで席を確保して欲しい」という代行依頼に応えるサービスです。
    当日は球場入り口にて面談後、「予約席=準指定席」まで、ご案内させていただく予定です〉

    売値はナイター(金曜)7800円、デーゲーム(土曜)9800円で、通常価格(1700円)の5倍前後。
    その差額が出品者の“儲け”のようだが、自由席券なのに〈準指定席〉とはどういうことか。広島ファンが明かす。

    「内野自由席は早い者勝ちで座席を確保していくのですが、前日や前々日からの泊まり込み組の中に、球場入りするや前方の席に荷物を置いて数席を占拠する人たちがいる。
    レギュラーシーズン中にもしばしば見られた光景です。そんな“転売ヤー”がいるから、広島ファンはマナーが悪いとか言われてしまう」

    広島カープの入場券部も困った様子でこう答えた。

    「我々としても頭を悩ませているのですが、家族連れのお父さんが家族分の席を確保するというケースもあるので、転売・席取り代行の人との見分けが難しい」

    “転売ヤー”は日本シリーズでも同様の商売を目論んでいたようだが、結局広島の日本シリーズ進出はならず、「取らぬ鷹の皮算用」になった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171031-00000017-pseven-spo
    10/31(火) 16:00配信
    【マツダスタジアム CSでも深刻なマナー問題が発生していた 】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/31(火) 15:02:21.43 ID:ID:CAP_USER9.net
    ボクシングで世界を獲った村田諒太は試合後に言った。
    「高校の恩師が言っていた……」。そう。苛烈な人生を支えるのは数字ではない。
    教え、そして出会いだ。多感な中高時代、どう学校を選ぶか、手がかりを探してきた。

    甲府市内にある校舎を昼間に出発、夜を徹して長野県小諸市のゴールを目指す。その距離、100キロ超(男子)。
    標高差1千メートル以上。それが山梨県立甲府第一高等学校(甲府一高)の「強行遠足」だ。

    始まりは大正13年。91回を数える今年は秋晴れの10月7、8日に開かれた。
    「遠足」とはいうが、のんびり歩くと24時間の制限時間内にゴールできない。走っては歩きの繰り返し。先頭グループはほぼマラソンだ。

    途中、足の皮はむけ、汗で濡れたシャツが体温を奪う。鉛のように重くなっていく足。一緒だった友だちの姿はもう見えない。
    30キロを超えると真っ暗な山道だ。霧で数メートル先も見えない中、額のヘッドライトだけを頼りに前進しながら「何のためにこんなことをしているのか」と自問自答する。完走率は6割弱だ。

    この強行遠足を体験したくて甲府一高に進んだ3年生の岩瀬大周(たいしゅう)さんも、昨年は足の裏が疲労骨折状態となり、50キロ地点で涙のリタイアとなった。

    陸上部の長距離選手の意地をかけ、高校生活最後はトップでゴールしたい。
    その一心で、今年は1カ月前から父親とともに毎週30キロ走を繰り返した。

    生徒は経験を重ねるたび、何がダメだったかを反省し、次の戦略を練る。
    岩瀬さんは、前半のハイペースがたたった昨年の失敗を踏まえ、本番はペースを抑え気味に走った。しかし、山道のつらさは予想以上。

    「痛くない。大丈夫、大丈夫」

    暗闇の中、声を出して自分に言い聞かせた。

    同校のOBでボストンコンサルティンググループに勤務する堀内健太郎さん(31)は、そうした経験が今の仕事にも生きていると話す。
    例えば組織改革のプロジェクトは長期戦。戦略を立て実行、修正の繰り返し。何度も壁が立ちはだかる。

    「強行遠足も五里霧中にとにかく一歩を踏み出す。でもそれを続けることがゴールにつながると体感できた。それが踏ん張る時の原動力になっています」

    実は堀内さんの現役時代、女子生徒が遠足中に暴走車にはねられ死亡するという悲惨な事故が発生。一時は廃止案まで出て、距離も半減された。
    だがOBを中心に100キロ復活運動が起き、OB・保護者総出で安全確保体制を整備。4年前、伝統は復活した。堀井昭校長は言う。

    「学校がリスクを恐れがちな今の時代、強行遠足ができるのはOBの思いと歴史があるから」

    スタートから14時間余り経った8日午前4時半。岩瀬さんは2年生の後輩と手をつなぎ、トップでゴールした。

    ※AERA 2017年11月6日号より抜粋

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171030-00000076-sasahi-spo
    10/31(火) 11:30配信


    甲府第一高校/午後2時、元気いっぱいに出発。その数時間後から、ただ足を前に出すことがどれだけつらいかを思い知る。
    最後尾がゴールするのは24時間後。
    極限状態での自分との葛藤は、どんなに卒業年次が離れていようと、同窓会で盛り上がる鉄板ネタだ。
    【タフすぎる学校行事「強行遠足」 制限時間24時間で100キロ超を踏破〈AERA〉 】の続きを読む

    1 : Egg ★ 2017/10/31(火) 16:30:33.25 ID:ID:CAP_USER9.net
    ビッグサプライズだ。11月に欧州遠征を行う日本代表メンバーが発表になり、FW本田圭佑(パチューカ)やMF香川真司(ドルトムント)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)といったこれまで日本代表を支えてきた看板選手が落選した。

     理由についてバヒド・ハリルホジッチ監督は「まずは他の選手を選んだ。テストをするためだ。その選手はパフォーマンスがいい」と、代わりに入ったMF長澤和輝(浦和)らのコンディションを評価したと説明。落選した選手については「前回の合宿で評価しなかった。彼ら本来のパフォーマンスを取り戻すべきだ。他の選手よりもいいパフォーマンスを出し続けてくれれば、ここにいるはずだ」と話した。

     しかし落選した選手との話し合いはされているようで、「いろんなことも説明しました。競争ということ」とフォロー。「各自が戦ってA代表の席を勝ち取らないといけない。パフォーマンスが良ければ、名前がどうであれ関係ない」と強調した。

     日本代表は11月10日にフランスのリールでブラジル代表、同14日にベルギーのブルージュでベルギー代表と対戦する。

    10/31(火) 15:46配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-01645732-gekisaka-socc

    写真


    【日本代表メンバー25人】

     ▽GK 川島永嗣(メツ=フランス)東口順昭(G大阪)西川周作(浦和)

     ▽DF 吉田麻也(サウサンプトン=イングランド)昌子源(鹿島)槙野智章(浦和)三浦弦太(G大阪)酒井宏樹(マルセイユ=フランス)酒井高徳(ハンブルガーSV=ドイツ)長友佑都(インテル=イタリア)車屋紳太郎(川崎)

     ▽MF 長谷部誠(フランクフルト=ドイツ)山口蛍(C大阪)井手口陽介(G大阪)遠藤航(浦和)倉田秋(G大阪)森岡亮太(ベベレン=ベルギー)長沢和樹(浦和)

     ▽FW 浅野拓磨(シュツットガルト=ドイツ)久保裕也(ゲント=ベルギー)原口元気(ヘルタ=ドイツ)乾貴士(エイバル=スペイン)大迫勇也(ケルン=ドイツ)杉本健勇(C大阪)興梠慎三(浦和)

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171031-00000104-sph-socc


    日本サッカー協会
    http://www.jfa.jp/national_team/
    【<日本代表>“看板外し”!本田、香川、岡崎が落選!「ビッグサプライズ!!」ハリル監督「名前は関係ない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ