2017年09月

    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/30(土) 09:00:33.72 ID:ID:CAP_USER9.net
    中日が海外FA権の資格取得条件を満たしている日本ハム・大野奨太捕手(30)の獲得へ本格調査に乗り出すことが29日、分かった。
    今季も捕手は武山や松井雅らを併用せざるを得ず、5年連続Bクラスとなる5位が確定。
    巻き返しへポジションの固定が急務となっている。

    いまだ現れない“ポスト谷繁”の有力候補として、経験豊富な強肩捕手に白羽の矢を立てる。
    今季で日本ハムとの2年契約が満了する大野は、自身の右肘の張りや清水、市川の台頭により出場機会が減少しているが、
    捕球技術にも定評がある今年のWBC日本代表。
    球界を代表する捕手として高く評価する中日の球団首脳は「地元の岐阜出身という縁もある」と力説した。

    中日は来月に開催されるドラフト会議の1位候補に早実・清宮と広陵・中村を挙げている。
    球団首脳は「仮に中村を獲得できても、一本立ちするには数年かかる。
    それまでの空白を埋める捕手も必要」と判断。まずは水面下で調査を進め、大野が権利を行使するか否かを注視していく。

    ◆中日その他の補強は? 2年連続で10勝投手が不在となる見通しだが先発陣は
    小笠原、鈴木、柳ら潜在能力が高い若手が豊富で、必ずしも補強ポイントではない。
    一方、救援陣は整備が必要で、7月末には谷元を日本ハムからトレードで獲得。
    さらに今季限りで日本ハムを退団する武田久や、外国人の調査を続ける。
    打線は条件次第では国内他球団への移籍も辞さない構えでいるゲレーロの流出阻止が最優先課題だ。

    ◆大野 奨太(おおの・しょうた)1987年1月13日、岐阜県生まれ。30歳。
    岐阜総合学園高から東洋大を経て、2008年ドラフト1位で日本ハム入団。
    強肩を武器に1年目から1軍に定着。13年に選手会長就任。
    主将も兼任した昨年は自己最多109試合に出場しゴールデン・グラブ賞を初受賞。177センチ、78キロ。右投右打。年俸5100万円。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000007-sph-base
    9/30(土) 5:04配信



    http://npb.jp/bis/players/61365118.html
    成績


    北海道日本ハムファイターズ 大野奨太応援歌
    【中日 「ポスト谷繁」に日本ハム・大野を獲得へ .219 3本 13打点 77試合】の続きを読む

    1 : プエルトリコ ★@\(^o^)/ 2017/09/29(金) 23:21:55.58 ID:ID:CAP_USER9.net
    逮捕された公務員の男は、広島カープの試合を観戦した際に酒を飲んだと話しています。

     28日午後10時40分ごろ、広島市安佐南区の国道で軽自動車が信号待ちの車に追突して逃走しました。警察は10分後に近くで車を発見し、運転していた北広島町芸北支所の沖田浩二容疑者(48)を職務質問したところ、酒を飲んだと話したため、酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。広島市内の野球場でカープ観戦をしながら酒を飲んだ後に運転したと話していて、沖田容疑者の呼気からは基準値の2倍のアルコールが検出されました。警察は、ひき逃げの疑いも視野に調べています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170929-00000049-ann-soci
    【広島カープの観戦帰りに…町職員が“酒気帯び運転” 「ひき逃げ」の疑いも…】の続きを読む

    1 : 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/30(土) 17:25:28.12 ID:ID:CAP_USER9.net
    巨人のドラフト2位畠世周投手が30日放送の日本テレビ系「ズームイン!!サタデー」に出演し、まさかの電車通勤が明らかになった。
    東京ドームでの勝利後に、最寄りの水道橋駅から電車で帰宅し、「あまり覚えられていないんで」と誰にも気づかれなかったことを振り返った。

    プロ1年目ながら、今季6勝を挙げ、井端コーチからも、いま一番気になる人物に名前を挙げられた畠。
    その素顔は、コーチや同僚からも「何を考えているかわからない」と評されている。

    そんな畠が、さらに周囲を驚かせたのが電車通勤。通常、プロ野球選手は移動には車を使用する。
    だが畠は8月の東京ドームでのヤクルト戦で、7回99球を投げ勝利投手となった試合後、なんとそのまま電車で帰宅した。
    これにはMCの宮本和知氏も「何やってんですか!そんな野球選手いない!」と仰天。

    だが周囲は、ルーキーということもあり誰も気づかず。畠も「あまり覚えられていないんで」と平然と電車通勤を振り返っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00000061-dal-base
    9/30(土) 12:36配信
    【巨人ルーキー畠、勝利登板後に電車で帰宅 OB仰天「そんな野球選手いない!」】の続きを読む

    1 : プエルトリコ ★@\(^o^)/ 2017/09/29(金) 22:31:00.81 ID:ID:CAP_USER9.net
    サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナウド(32)のスーパーカーコレクションがさらに充実。およそ250万ユーロ(約3億3000万円)する世界最速のスポーツカーとされる、ブガッティ・シロンを手に入れた。

     ロナウドが自身のソーシャルサイトで明らかにした。スペインのマルカ紙によると、シロンは1500馬力で、最高速度は時速420キロ。世界で500台しかされない貴重な車だという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000083-dal-socc
    【Cロナ、世界最速スーパーカーを購入】の続きを読む

    1 : 数の子 ★@\(^o^)/ 2017/09/29(金) 19:56:07.47 ID:ID:CAP_USER9.net
    プレミアリーグは世界中から名手が集まってくる競争の激しいリーグだが、そこで2人の日本人選手が印象的な活躍を見せている。サウサンプトンDF吉田麻也、レスター・シティFW岡崎慎司だ。吉田は昨季からポジションを掴み、その評価はどんどん高まっている。岡崎も今季は開幕戦からゴールを積み重ねており、献身性に加えて得点力があることも証明。昨季から明らかに進化している。

    その2人は今やプレミアリーグの顔と呼べる存在と言っていいかもしれない。米『Bleacher Report』はポジション別に選手をランキング化しているが、センターバック部門で吉田は16位、岡崎はセンターフォワード部門で驚きの8位にランクインしている。

    この順位は今季のパフォーマンスから選出されているが、センターバックではマンチェスター・ユナイテッドのエリック・バイリーが1位、その後もチェルシーのセサル・アスピリクエタやマンチェスター・シティのジョン・ストーンズなど実力者が続く。吉田はそこで16位に入っており、現時点ではアーセナルDFローラン・コシェルニー(19位)よりも上だ。

    岡崎の場合はさらに凄い。センターフォワード部門は最も競争が激しいポジションで、1位はチェルシーのアルバロ・モラタ、2位はマンCのセルヒオ・アグセクシー、3位マンUのロメル・ルカク、4位マンCのガブリエウ・ジェズス、5位トッテナムのハリー・ケイン、6位アーセナルのアレクサンドル・ラカゼット、7位レスターのジェイミー・バーディ、そして8位が岡崎だ。岡崎はここまでリーグ戦で3得点挙げており、今季のスタートは完璧だ。現時点でリヴァプールのロベルト・フィルミーノ(9位)より上と判断されているのも凄いことだ。

    日本人選手はプレミアで活躍しにくい。岡崎と吉田の活躍はそうしたイメージを払拭するものになっていると言えるだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00010020-theworld-socc
    【ルカク、モラタ、ケインと同じくTOP10入り 岡崎慎司が“プレミアFW部門“で驚異の8位に!】の続きを読む

    このページのトップヘ