2017年06月

    1 : ranran roo ★@\(^o^)/(★ 991b-x1n0) 2017/06/30(金) 17:24:35.90 ID:ID:CAP_USER9.net

    6/30(金) 13:25配信

    スポーツ報知
    【柏】新加入のキム・ボギョンが会見「熱烈に自分を必要としてくれた」

    柏に加入し会見を行った元韓国代表MFキム・ボギョン

     全北現代(韓国)から柏に加入した元韓国代表MFキム・ボギョンが30日、会見を行った。

     キムは「シーズン中の移籍は大きな決断だったが、熱烈に自分を必要としてくれた。能力が高い選手がそろっている。早く合流して一緒にサッカーがやりたい。ゴールだったりアシストだったり、得点に絡むプレーでチームに貢献したい」と語った。

     キムは2010年に大分、11~12年にC大阪でプレー。その後イングランドへ渡り、カーディフなどに所属した。15年途中からは松本で約半年間プレーし、16年シーズンから全北現代で主力として活躍していた。日本時代はサイドハーフなど2列目を務める機会が多かったが、全北現代では主にボランチ・インサイドハーフでプレーしている。韓国代表では南アフリカW杯、ブラジルW杯のメンバーに選出された。

     柏はリーグ戦で首位に立つ一方、控え組中心で臨んだルヴァン杯でグループステージ敗退。21日の天皇杯でもJFL最下位の浦安相手に1―0で辛勝するなど、選手層の薄さが課題となっていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000103-sph-socc
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    【柏に新加入のキム・ボギョンが会見「熱烈に自分を必要としてくれた」】の続きを読む

    1 : 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/06/30(金) 14:18:23.49 ID:ID:CAP_USER9.net
    マー君「今年のボールは飛ぶ」 他のメジャー投手も異口同音
    [ 2017年6月30日 12:53 ] 野球
    http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/30/kiji/20170630s00001007158000c.html

     今季のメジャーリーグは本塁打が急増。ヤンキースの田中は地元紙ニューヨーク・ポストに対して「今年はボールが飛ぶような気がする」と明かしていたが、他の投手も同様にボールの違いを口にしている。

     米国のNBCスポーツは29日にその声をまとめた記事を掲載。レッドソックスのプライスは「100%そう言える」とボールの違いを指摘。マーリンズのジーグラーも「今年のボールはこれまでのものに比べて少し硬く感じる」と話している。

     「さほど長打力のない選手までもが本塁打を打っている」とはメッツのブレビンスの言葉。同投手はまた、本拠地シティ・フィールドでチームメートのデグロムが反対方向(左打者はレフト、右打者はライト)への本塁打を浴びるといった、「普通では考えられないような本塁打を目してきた」とも語っていた。

     レイズのアーチャーは「メジャーリーグのボールはマイナーリーグのものより飛ぶ」と断言。ドジャースの新人ベリンジャーが驚異的なペースで本塁打を量産しているが、同投手はこう分析する。「彼はマイナーリーグでなら、あんなパワーを見せつけることはできない。(マイナーリーグでは)ウォーニングトラックへのフライが、メジャーリーグではホームランになるのさ」。
    35 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/30(金) 14:41:22.42 ID:ID:FdXCkni00.net
    >>1
    日本も同じ状況だな
    もうそれが普通でいんじゃねえの
    【マー君「今年のボールは飛ぶ」 他のメジャー投手も異口同音】の続きを読む

    1 : けろよん ★@\(^o^)/ 2017/06/30(金) 15:43:21.95 ID:ID:CAP_USER9.net
    全日本男子バレーボールチームが参加した、ワールドリーグ2017グループ2の戦いが終わった。中垣内祐一新監督が異例の途中合流となった大会だったが、全日本男子は予選ラウンドを4位で抜けてファイナル4に進出。アウェーでの試合となったオーストラリアとの準決勝をフルセットで勝ち切り、決勝ではスロベニアに完敗したものの、グループ2準優勝を手にした。

     昨年のワールドリーグは、オリンピック世界最終予選の敗退直後でモチベーションを上げるのが難しかったとはいえ、ホームで2勝した以外は全敗。グループ2の12チーム中11位に沈み、グループ3との入れ替え戦に回りかねない状況だった。それを考えれば、今大会の準優勝は「ガイチジャパン」の第一歩として十分すぎるほどの結果だった言えよう。

     今大会で最も際立つ働きをしたのは、6月からプロに転向し、ドイツブンデスリーガへの移籍を発表した柳田将洋だ。グループ2の中で、ベストサーバー1位、ベストスパイカーは2位(準決勝のオーストラリア戦で、スパイクで10得点したはずが帳票上では0得点と誤記されたため、本来ならベストスパイカーもトップだった)を獲得。苦手としてきたレセプション(サーブレシーブ)でも7位と、数字だけ見ても活躍の度合いが分かる。今大会では、控えに回った主将の深津英臣に代わり、コートキャプテンとしてチームを鼓舞する姿も頼もしかった。

     また、大会が始まる頃は腰の状態が万全でなく、フル出場できなかった石川祐希も、大会が進むにつれて調子を取り戻していった。特に、ファイナル4の準決勝では、審判がオーストラリア寄りのジャッジをする中、ホームタウンディシジョンの余地がないスパイクで試合を締めくくったのが印象的だった。初選抜の司令塔・藤井直伸のトスに、途中まで合わせることができず苦しんでいたが、最後は高めのトスに修正してもらうことで対応。今後の練習でさらに息を合わせ、来月の世界選手権アジア最終予選では楽に得点を決めるシーンを増やしてもらいたい。

     そして何より、大会を通しての一番の収穫は、長らく清水邦広が務めてきた全日本のオポジット(セッター対角で、攻撃専門のポジション)に、新星が現れたことだろう。身長202cm、91kgと、文字通りの”大型新人”である中央大学4年の大竹壱青(いっせい)だ。

     中大では主にミドルブロッカーとして出場していたが、昨夏、同期である石川からポジションのコンバートを提案されたことで、大竹のバレー人生が変わった。

    「2メートルあっても動けて、高校時代はサイドをやったこともあるし、オポジットのほうが将来的に輝けると思って提案しました。本人もやりたかったみたいで、自分が提案した次の日には監督に掛け合っていました(笑)。転向したばかりだから、まだまだ伸びしろがいっぱいあると思うし、一緒に成長していけたらいいなと思います」(石川)

    続きはソースで
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/volleyball/2017/06/28/_split_202cm/index.php
    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/30(金) 15:45:57.76 ID:ID:DvBCrJs/0.net
    世界の壁こと大竹秀之208cmの息子だな
    【あの長身バレー選手の息子、202cmの大竹壱青がビッグなデビュー】の続きを読む

    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/30(金) 03:01:36.97 ID:ID:CAP_USER9.net
    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、
    五輪終盤に新国立競技場で予定される競技の日程が過密だとして、
    サッカー男子決勝の会場変更を含めた対応を検討することが29日、関係者への取材で分かった。

    大会の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会との合同会議で報告した。

    招致段階の計画では、同競技場で8月8日は日中にサッカー男子決勝、夜に陸上を実施し、
    大会最終日の9日は午前に男子マラソン、夜に閉会式を行う。

    会場の仕様を頻繁に変える必要があるほか、
    酷暑下でサッカーの試合を行う選手の負担を懸念する声も出ていた。

    共同通信 2017/6/30 02:01
    https://this.kiji.is/253203823007417850?c=39546741839462401
    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/06/30(金) 03:04:59.74 ID:ID:LXOJK5fB0.net
    >>1
    権力の監視機関を自任するなら、問題が起こる前に徹底調査して国や東京都やJOCに突っ込んだ取材して批判しておけよ
    【<東京五輪>新国立競技場、競技日程過密で、サッカー決勝、会場変更も・・・】の続きを読む

    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/06/30(金) 06:14:00.95 ID:ID:CAP_USER9.net
     オランダ1部デン・ハーグから神戸に完全移籍することが決まった元日本代表FWハーフナー・マイク(30)がクラブと2年半契約を結んだことが29日、分かった。

     神戸入り決定から一夜明け、ハーフナーがポドルスキと同じ2年半契約であることが分かった。移籍金と年俸は7000万円(ともに推定)で総額は約2億5000万円。関係者は「日本代表クラス並みの条件」と最大限の誠意を尽くしたことを明かした。それでも、移籍金が約3億1200万円で年俸6億円(推定)のポドルスキと比較すれば“割安”での獲得成功だ。

     背番号はデン・ハーグでもつけていた空き番の「9」が有力で、7月8日の仙台戦前にノエスタで入団会見を開く方向で調整していることも分かった。仙台とのプレシーズンマッチ(7月22日・ユアスタ)出場については「コンディション次第」と関係者。公式戦最短デビューとなる同29日のJ1大宮戦(ノエスタ)より早く、ハーフナーとポドルスキの2トップがファンにお披露目される可能性が出てきた。

     横浜Mユースでハーフナーを指導した安達強化本部長は「日本人で点が取れる選手が欲しかった」と獲得した理由を説明し「英語が話せるのでポドルスキともコミュニケーションが取れる。物おじしないし、自己主張ができる」と、かつてのまな弟子に期待を寄せた。

    ディリースポーツ 6/30(金) 6:05配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000055-sph-socc
    【<ハーフナー・マイク>ヴィッセル神戸と総額2億5000万円の2年半契約!】の続きを読む

    このページのトップヘ