2017年05月

    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 06:47:05.40 ID:ID:CAP_USER9.net
    柴崎岳の評価がスペインで急激に高まっている。

    リーグ戦では5試合連続で先発し、前節のアルコルコン戦では初ゴール決めた。

    地元メディア選出のマンオブザマッチではすでに常連だが、前節はリーグ連盟の“今節の最優秀選手”のひとりにもノミネートされた。

    すでに1部はシーズンが終わっているため、現在サッカーファンの注目を集めるのは1部昇格争いだ。そんな中、終盤戦の主役のひとりとなった柴崎の名は、全国に広まりつつある。

    先発に固定していることからも、監督の柴崎への評価が高いのは明らかで、会見でも称賛することは多い。

    それでは、具体的に柴崎のどの部分を評価しているのかー。

    ホセ・ルイス・マルティ監督をテネリフェの練習場で直撃した。

    パウザを与える存在

    「一番はチームに“パウザ”を与えられること、だ」

    柴崎の能力について問うと、マルティはそう答えた。“時間”や“タメ”というニュアンスである。彼は続けた。

    「ピッチの上で常に冷静で、タメを作ることができる。彼にボールが渡ればゲームが落ち着くんだ。フリーの選手を探すのもうまい。今日のサッカー界では、そういう選手を見つけるのは簡単じゃない」

    事実、ここ数試合、テネリフェのサッカーには変化が見られた。

    以前は勢いよく前線へロングボールが届けられたが、今ではそこに一工夫はいるようになった。柴崎がそのための時間を作り出し、2列目から連動して崩す回数も増えた。

    テネリフェにはエースFWのアマトをはじめ、ドリブラーのスソ、アーロンなど、縦への勝負が持ち味の選手が多い。はまれば爆発的な攻撃力になるのだが、単調にもなりやすい。

    縦への攻撃が中心だったチームに柴崎が入り、欠けていたタメとつなぐ意識が加わり、攻撃にも幅が出つつある。

    それこそが、マルティが柴崎に求めていたものだった。

    つづく

    豊福晋  | ライター5/31(水) 6:41
    https://news.yahoo.co.jp/byline/toyofukushin/20170531-00071549/
    63 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 08:19:38.97 ID:ID:L4zyik9i0.net
    >>1
    この監督無名だけど見る目あるな

    ボランチじゃなくて前目で使うのが正しい取説
    日本人は遠藤の幻影をなぞってボランチで使ってしまうがこれが大きな間違い

    むしろ香川みたいなシャドータイプ
    おまけに香川より知性とパス能力が高い

    代表でも香川と競わせるべき選手
    【<テネリフェ監督>「柴崎はスペイン1部でも活躍できる」感心するのは技術面だけではなく、ピッチの上での知性】の続きを読む

    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 01:26:37.49 ID:ID:CAP_USER9.net
    57分に放った高木のシュートが唯一の…。

     日本の5大会ぶりとなったU-20ワールドカップへの挑戦は、ベスト16という結果に終わった。

     日本は立ち上がり、ベネズエラの勢いに押し込まれたものの、堅実な守備からリズムが生まれると、次第にパスがつながり始めチャンスを掴んだ。

    28分の堂安のクロスバー直撃のFKや、57分の高木の1対1のシーンなど決定的な場面が幾度か訪れた。一方で日本は身体を張ったディフェンスでベネズエラにさほど多くのゴールチャンスを与えなかった。

     試合を通じ、どちらかと言えば日本の方が決定的なシーンを多く築いた印象だ。ボール支配率でも日本が53%とベネズエラを上回っていた。

     しかし、日本は合計12本のシュートを放ちながら、枠内シュートは高木の1本のみ。対してベネズエラも計17本で枠内シュート3本と精度は決して高くなかったが、勝負どころのセットプレーで仕留めてみせた。

     日本の内山監督も「ここだという時の精度」を今後の課題に挙げていたが、まさにアタッキングゾーン、最終局面での精度が勝負を分ける形となった。ボール支配率で上回り、チャンスの数でも決して引けを取らなかった日本にとって、改めて課題が浮き彫りとなるゲームとなった。

     日本対ベネズエラ戦のスタッツは以下の通り。左が日本、右がベネズエラの数値。

    ボール支配率 53%:47%
    シュート数: 12:17
    枠内シュート数 1:3
    枠外シュート数 11:9
    被ブロックシュート数 0:5
    ファウル数 17:20
    コーナーキック 2:6
    オフサイド 1:1
    フリーキック 21:18
    セーブ数 2:1

    SOCCER DIGEST Web 5/30(火) 22:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170530-00026302-sdigestw-socc
    62 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 06:51:32.72 ID:ID:n5JlaZK30.net
    >>1
    日本サッカーは平安時代から「パス回しは美徳」とされてきた蹴鞠がルーツから仕方ない
    【<U-20日本代表>ベネズエラ戦...支配率は53%で上回るも枠内シュート1本のみ !スタッツにも課題浮き彫り】の続きを読む

    1 : チキン ★@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 10:08:54.73 ID:ID:CAP_USER9.net
    佐藤琢磨、差別的投稿に「残念」
    日本人のインディ優勝で米記者
    2017/5/31 10:03

     米国伝統の自動車レース、インディアナポリス500マイル(インディ500)で初優勝した佐藤琢磨が30日、米紙デンバー・ポストの記者が日本人の優勝についてツイッターに差別的な投稿をしたことに対し「とても残念なことだ」と述べ、記者を解雇した同紙の対応については「尊重する」と語った。ロイター通信が伝えた。

     デンバー・ポスト紙に記事を執筆していたテリー・フライ氏は「日本人ドライバーがインディ500で優勝するのは本当に気分が悪い」とツイッターに投稿。多くの非難が寄せられ、同紙はフライ氏を解雇した。

     佐藤は同日、NYでイベントなどに参加し、多くの祝福を受けた。(共同)

    https://this.kiji.is/242453595710817789?c=39550187727945729
    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 10:09:30.03 ID:ID:H2iOTBgj0.net
    ですよね
    【佐藤琢磨、差別的投稿に「残念」】の続きを読む

    1 : @Egg ★@\(^o^)/(★) 2017/05/31(水) 07:55:19.84 ID:ID:CAP_USER9.net
    究極の二者択一だ。サッカー日本代表は28日、6月の2試合(7日・キリンチャレンジ杯、13日・W杯アジア最終予選)に向けて“海外組”だけの合宿を千葉県内で開始した。

    注目は2年2カ月ぶりに招集されたFW乾貴士(28)=エイバル=と、25日の代表メンバー発表ではその名前がなかったFW宇佐美貴史(25)=アウクスブルク。ポジションがかぶる2人だ。

    乾は22日に名門バルセロナの本拠地のカンプ・ノウ(最大収容9万9786人)で日本人初の2ゴールを決め一気に名を上げた。しかし「2ゴール目の着地の時にやってしまいました」と右足首を捻挫。

    この日は走り込み中心のメニューをフルでこなし「大丈夫です。(試合は)やれます」とハリルホジッチ監督と代表ドクターによる三者面談でも猛アピールした。

    一方、バックアップメンバーとして急きょ呼ばれた宇佐美は「昨日(27日)の夜、『(28日の)昼までに来い』と連絡を受けました。急でしょ? ビックリした」と頬を緩めた。

    ドイツではシーズンが終了しており、「オフの予定が全部狂いましたが、呼ばれることは光栄」と笑みがこぼれっぱなし。

    宇佐美は所属するアウクスブルクが今季18チーム中13位と低迷。自身もノーゴールに終わり地元メディアには“戦犯”扱いされた。

    しかしハリル監督は「状態はいい。(アウクスブルクでは)チームの戦術に合っていないだけ」と擁護。

    どうやら、指揮官の意中の人は、バルサ戦2ゴールの乾より宇佐美といったムードだ。  (夕刊フジ編集委員・久保武司)

    夕刊フジ 2017.05.30
    http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20170530/soc1705301700002-n1.htm

    写真
    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 07:56:28.73 ID:ID:CLDrX1aw0.net
    2
    【<日本代表のハリル監督>バルサ戦2発の乾より宇佐美がお好き!? “戦犯”扱い擁護「戦術に合っていないだけ」】の続きを読む

    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 07:41:52.08 ID:ID:CAP_USER9.net
    ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスは長期離脱が決まった。30日付けの独紙『ビルド』が報じている。

     ロイスは現地時間27日に行われたドイツ杯(DFBポカール)決勝のフランクフルト戦で負傷し、前半のみの出場となった。試合後、独メディア『ARD』のインタビューで「恐らく膝の十字靭帯だと思う」と発言していた。その後、現地時間29日には膝の十字靭帯断裂と診断された。

     記事によると、現地時間30日に27歳のロイスはミュンヘンで精密検査を受け、手術をした場合、全治まで6ヶ月から8ヶ月かかると伝えている。また、手術を回避した場合でも4ヶ月のリハビリ期間が必要となるようだ。これによりロイスは来季開幕には間に合わない見込みだ。

     今季のロイスは昨季終盤に痛めた内転筋の怪我のため11月までプレーすることが出来なかった。さらに3月に行われたレバークーゼン戦で左太ももを負傷し4月に戦列復帰したばかりだった。

     チームのキャプテンを務めるマルセル・シュメルツァーは「これはとても悲しい出来事だ。なぜ彼がいつも怪我に悩ませられるのか私には分からない」とエースの怪我の多さを嘆いていた。

    フットボールチャンネル 5/31(水) 6:10
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170531-00010001-footballc-socc

    写真
    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 07:44:13.04 ID:ID:AQbA3G/G0.net
    無事これ名馬だな
    【<マルコ・ロイス>全治8ヶ月で開幕アウト!ドイツ杯決勝で右膝の十字靭帯断裂の大怪我】の続きを読む

    このページのトップヘ