1 : あちゃこ ★@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 11:31:02.49 ID:.net
     「高校野球・西東京大会5回戦、早実5-0法政」(21日、神宮球場)

     春夏連続の甲子園出場を目指す第1シード校の早実が法政を破り8強入り。25日の
    準々決勝(神宮球場)に進出した。主将の清宮幸太郎内野手(3年)は「3番・一塁」で
    先発。三回の第2打席で高校通算106号となる先制の中越えソロ本塁打を放った。
    公式戦では8試合連続の一発。

     高校生の最多記録とされる通算107本塁打は神港学園時代の山本大貴内野手が放っており、
    清宮はあと1本に迫った。この日は3打数3安打3打点2四球。シングルヒットが出ていれば
    サイクル安打だった。

     早実は先発・雪山幹太投手(2年)が9回5安打で法政打線を完封した。

     0-0の三回、先頭の清宮は相手先発右腕のカウント1ボール2ストライクから内角寄りの
    スライダーに対し、コンパクトにスイング。打球は高く上がり、中堅手がフェンス前で
    捕球態勢に入ったが、フォローの風にも押され、バックスクリーン右10メートルの
    スタンドに飛び込んだ。この日は観客用に外野席が開放されていた。

     初回の第1打席は1死一塁で四球を選んだ。フルカウントからの外角低め球を見極めた。

     五回の第3打席は1-0での無死一塁から一塁線を破る二塁打を放った。カウント2ボール
    1ストライクからの低め球にタイミングを合わせた。二塁走者となった清宮は1点が入った後の
    1死二塁から5番・雪山幹太投手(2年)の浅い中飛で飛び出し、塁への帰還が間に合わず
    併殺アウトとなった。

     七回の第4打席は2死一塁でストレートの四球。九回の第5打席は2-0で2死一、
    二塁から右線へ2点三塁打を放った。直前に交代した相手2番手左腕の低め変化球を右方向へ
    打ち上げ、1度バックした右翼手が前に出たが捕れずにボールはフェンス際まで転がった。

    早 実001010003=5

    法 政000000000=0

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-00000048-dal-base
    16 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 11:38:05.63 ID:.net
    >>1
    主な打者の公式戦本塁打数
    本/選手(校名)/進路/高校通算

    48本 清原和博(PL学園) 西武 64本
    26本 松井秀喜(星稜) 巨人 60本
    26本 清宮幸太郎(早実) ? 106本
    21本 桑田真澄(PL学園) 巨人 25本
    16本 鈴木健(浦和学院) 西武 83本
    14本 大田泰示(東海大相模) 巨人 65本
    13本 筒香嘉智(横浜) 横浜 69本
    【早実8強入り、清宮が高校通算106号 最多記録にあと「1」】の続きを読む

    1 : Egg ★@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 22:36:33.97 ID:ID:CAP_USER9.net
    7.21 AFC U-23選手権予選 U-20日本 2-0 U-22カンボジア]

    U-20日本代表は21日、AFC U-23選手権予選第2戦でU-22カンボジア代表と対戦。スコアレスのまま前半を折り返した試合は、後半28分にMF遠藤渓太(横浜FM)の得点で日本が先制すると、
    同34分にFW小松蓮(産業能率大)がダメ押しゴールを奪い、2-0の完封勝利を収めた。2連勝を飾った日本は23日に中国と対戦する。

    19日の初戦フィリピン戦で8-0の快勝を収めた日本は、先発11人を総入れ替え。4-4-2のシステムを採用する日本はGKに波多野豪(FC東京)、
    最終ラインは右からDF柳貴博(FC東京)、DF板倉滉(川崎F)、DF中山雄太(柏)、DF舩木翔(C大阪)、ボランチにMF市丸瑞希(G大阪)とMF伊藤洋輝(磐田U-18)を並べ、
    右サイドハーフに高木彰人(G大阪)、左サイドハーフにMF遠藤渓太(横浜FM)、2トップにFW中坂勇哉(神戸)とFW田川亨介(鳥栖)を配置した。

    立ち上がりから圧倒的にボールを保持する日本は前半2分、舩木のラストパスから遠藤がファーストシュートを放つもGKの正面を突いてしまう。
    その後もフィニッシュまで持ち込む場面を創出するが、同9分の中坂のシュートはゴール右に外れ、同11分には高木のピンポイントクロスから放った田川のドンピシャヘッドがGKに阻まれてしまった。

    日本が押し気味に試合を進めるが、ボールを奪うたび、パスが1本通るたび、PA付近までボールを運ぶたびに大歓声を送る、
    ホームの後押しを受けるカンボジアも積極果敢にゴールに迫ってくる。しかし、中山と板倉の2CBを中心とした日本守備陣が粘り強く対応して簡単にはシュートまで持ち込ませない。

    すると前半22分に鋭い突破からPA内にドリブルで進入した柳が右足シュートを枠内に飛ばし、
    さらに同35分にはドリブルで運んだ伊藤がミドルシュートでゴールを脅かしたが、ともに相手GKに弾き出されてネットを揺らすには至らなかった。

    前半40分には決定機を迎えるが、中坂のクロスからゴール前でフリーになった田川のヘディングシュートはゴール右に外れた。
    主導権を握って試合を進めた日本だったが、スコアは動かないまま前半終了のホイッスルが吹かれた。

    0-0のまま後半を迎えても日本が押し込む展開となるが、大声援を受けるカンボジアのゴールをこじ開けることができない。
    後半20分には高木のパスから右サイドを駆け上がった柳のクロスを田川がヘディングでジャストミートさせるが、相手GKのビッグセーブに阻まれて得点を奪えない。
    すると同23分に日本ベンチが動き、田川に代えてフィリピン戦で4得点を奪ったFW小松蓮(産業能率大)をピッチへと送り込んだ。

    すると、後半28分についに日本が先制に成功する。市丸のパスに走り込んだ柳のクロスはファーサイドまで流れるが、フリーでボールを受けた遠藤が落ち着いて右足で流し込み、スコアを1-0とした。
    同33分には中坂に代えてFW旗手怜央(順天堂大)を投入する。

    追加点を狙う日本は後半39分、小松のパスから左サイドを駆け上がった遠藤の折り返しに、走り込んだ小松が冷静にネットを揺らしてリードを2点差に広げる。
    同44分に市丸に代えてMF坂井大将(大分)を投入して交代カードを使い切ると、そのまま逃げ切って2-0の完封勝利を収めた。

    7/21(金) 22:21配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170721-01641979-gekisaka-socc

    写真


    AFC U-23選手権中国2018 予選
    http://www.jfa.jp/national_team/u20_2017/afc_u23_championship_2018q/
    67 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 23:33:53.07 ID:ID:F9idXIQx0.net
    >>1
    大苦戦ってほどじゃなかった
    【<AFC U-23選手権予選>U-20日本代表、U-22カンボジアに大苦戦も…MF遠藤先制弾&FW小松2戦連発弾で2連勝!】の続きを読む

    1 : ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 06:33:20.05 ID:.net
    野球経験のある読者なら、「フライを打つな」と教えられたことがあるのではないか。
    米大リーグでは今季、フライを奨励する打撃理論『フライボール・レボリューション(革命)』が注目されている。

    「配球の傾向が変わってきている。ボールをすくい上げようとする打者に対し、高めのボール球で勝負するケースが増えている」とは大リーグにも詳しいサンケイスポーツ専属評論家、小早川毅彦氏の分析だ。

    ボールのやや下をとらえて打ち上げようとする“意識革命”が急速に進んだのは、最新の映像解析技術によってプレーを数値化する『スタットキャスト』の影響だ。
    打者なら打球の角度や速度、飛距離などをデータ化。
    「打球の初速が100マイル(約161キロ)以上で、10-35度の角度で飛ばせば安打の確率は7割以上」と具体例が示されている。

    早くから『フライ革命』を導入していたアストロズは今季のチーム本塁打数が30球団トップで、西地区首位を独走。
    熱心な信奉者といわれるドジャースのジャスティン・ターナー三塁手は、今季の球宴に32歳で初出場を果たした。

    データ上の理想はゴロよりも、フライを狙ったアッパー気味のフルスイング。
    今季前半戦で1試合平均の本塁打数が2・52、同三振数が16・5と史上最多ペースに増えたのも、この“フライ革命”が要因とみられている。
    被本塁打が急増したヤンキース・田中将大投手の「ボールが飛ぶ気がする」という発言にも、打法の変化が関係しているように思える。

    「これまでは低めに沈む球を投げればゴロだったのが、すくわれて安打になるケースも出てくる。打ち方が変われば、抑え方も変わってくる」と小早川氏。

    大リーグでフライ打法が主流になれば、日本の「転がせ」「たたきつけろ」という指導法にも変化が現れるかもしれない。 

    http://www.zakzak.co.jp/spo/news/170720/spo1707200009-n1.html
    2 : 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/07/21(金) 06:35:22.12 ID:.net
    >>1
    つ「パワー」

    日本プロ野球じゃ無理なので従来通りでいくしかない
    【「転がせ、たたきつけろ」はもう古い 大リーグを変える「フライ革命」】の続きを読む

    このページのトップヘ